ブルーベリーは本当に眼にいいの? - 視力回復トレーニング・目の健康法本舗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルーベリーは本当に眼にいいの?

目にいいといわれるブルーベリー


ブルーベリーの特徴はなんといってもあのきれいな青い色。
これは着色したものではなく、天然の色素です。


そして、その色素こそ目によいはたらきをする物質なんですね。
その正体は「アントシアニン」という成分。


これがなぜ目にいいのか、簡単に説明しましょう。


<なぜ効く?>
目の網膜には光に反応してそれを脳に伝えるはたらきをする「視細胞」があります。
この視細胞の中には「ロドプシン」という物質があり、
これが分解・再合成をすることで光を信号に変えて脳に送りだし、物が見えるというワケ。


ロドプシンのはたらきが鈍ると物が見えづらくなったり、
視界が曇ったり、チカチカして見える、などの症状が出て眼精疲労も進んでしまう。


そのロドプシンの再合成を助けているのが「アントシアニン」なのです!

また、アントシアニンには血行をよくするはたらきがあり、
目に十分な栄養素を送り込む役割もあるんですね。



実はブルーベリーが効くのは目だけじゃないんです。
他にもさまざまな健康効果があるといわれているのです!


若返り効果
ブルーベリーには抗酸化作用があり、
肌の老化を遅くして若返る。

毛細血管の保護
毛細血管を強くし、健康な血液を全身にめぐらせる。
そのため、心臓病、脳溢血、冷え症などの予防につながる。

尿路感染症を予防
主に子供によく見られる感染症で
尿路のどこかで細菌感染を起こす疾患。これを防ぐ。

疲れ目に「ルテインベリーアイ」

スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。