子供の近視「学校近視」って? - 視力回復トレーニング・目の健康法本舗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の近視「学校近視」って?

学校近視とは?

メガネをかける前にすることがあります。


学齢期に近視になることを学校近視といいます。


これは成長する子供の目の生理的変化によるもので
別名、単純近視とも呼ばれ、度数が比較的軽く、
矯正器具のトレーニングにより適正な視力が得られます。


病的な要因によるものではありませんが、
遺伝や近業(目の近くで行う作業)の多い環境の影響があるといわれています。


子供の態度でチェック!


視力低下の早期発見方法とは?
黒板の文字が見え(読め)ないなど、
子供自身が日常生活で不自由を感じていることは、
学校の健診以外で視力低下はわかりにくいものです。


そこで今回は、ご両親の観察でチェックできる、
子供の視力低下発見リストをご紹介しましょう。


<生活チェック>
# よく目を細めている
# 目つきが悪くなった
# 見えにくい様子がある
# よく転んだり、つまづいたりする
# 学習などに根気がなくあきっぽい
# 集中力がない、落ち着きがない
# テレビ・パソコン・対象物に近づいて見ている
# 「目が痛い、目が疲れた」と言う
# 片目ずつ隠して、片目が極端に見えていないかどうか


<学校健診チェック>
# 視力が0.9以下
# 前回の視力検査結果と比較して視力低下が進んだ


さて、どうでしょうか。
日頃の様子を思い出してみてください。
のような状態であれば早々に眼科医による検査を受けたほうがよいでしょう。



近視の予防法


明快な予防方法はありませんが、
適正ではない生活習慣の影響などに注意することが役立つと思われます。


<生活習慣>
# 栄養バランスに配慮した食生活
# 戸外での運動や活動をする
# 戸外での紫外線対策をする
# 規則正しい生活をする


<学習習慣>
# 長時間、読書や勉強を継続しない。休憩をいれる。
# 読書のとき、本と目の間を30cm以上離す
# 椅子、机の高さ調整などを適切に行う。無理な姿勢で学習しない。
# 部屋の明るさと手元の明るさの差があまりでないようにする


<デジタル習慣>
# テレビゲームやパソコンを継続的にしない。1時間に5~10分休む
# テレビを至近距離から見ない。横になったりして見ない。
# パソコンモニターに顔を近づけて作業しない。


子どもはよい習慣づけが大切です。
悪い姿勢、悪い環境、悪いライフスタイルを習慣化させないように
うまく導きましょう。



近視の矯正法


幼児から青年期まで成長段階にあり、
生理的な変化に伴う度数の変化もあります。
定期的に眼科医院で検査を行い、適切に矯正させましょう。

1.メガネ

小学生までの子供であれば、
メガネによる矯正が基本です。

しかし、一度作ったメガネも、
定期的な視力検査による子どもの視力の変化に対応させて、
レンズを交換する必要があります。

度数の合わないメガネは、目の疲れや痛み
そしてさらなる視力低下を招きます。


2.コンタクトレンズ

中学生以上の年齢であれば、
正しい指導と管理のもとにコンタクトレンズの利用も選択肢となります。


子どもの視力低下は近視以外の原因も考えれらます。
必ず眼科医の検査を受けて原因を明らかにしてください。

メガネをかける前にすることがあります。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。