レーシック手術前のポイント - 視力回復トレーニング・目の健康法本舗

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシック手術前のポイント

レーシックは視力をとりもどす、視力矯正手術です。
まずは資料請求から!


メガネやコンタクトをお使いの方、
わずらわしさを感じることはありませんか?
近視・乱視・遠視を治して、裸眼ですごせることができれば、
とお思いの方も多いのではないでしょうか。


視力矯正手術は、約20分の手術で、
1.0以上の裸眼視力を取り戻すことも可能だという報告もあるのです。


レーシックに代表される視力矯正手術は、とても魅力的ですが、
一生使っていかなければならない目に
手術をしなければならないとなると、少し不安もありませんか?



今回は、自分に合った治療を受けるために、
視力矯正の手術を受ける前に知っておいていただきたいことと、
ポイントについてお話いたします。


視力矯正は希望の治療を選ぶ必要があります
視力矯正の治療には、いくつかの手術方法があります。


どの視力矯正の治療法をご自身が受けるかどうかは、
眼科専門医の検査やカウンセリングを受けながら、
自分の年齢、角膜の厚さ、現在の視力の状態、
手術後に希望する視力に合った治療を選ぶ必要があります。


自己判断で簡単に選ぶことはできませんので、
しっかり専門病院で見診てもらいましょう。



★20歳未満、40歳代以上、60歳以上の視力矯正希望者は注意!


一般的に20歳未満は、視力がまだ安定していないため、
一般的には手術が受けられません。


また、40歳代以上の場合は、近視や乱視以外の目の状態も考える必要がありそうです。
たとえば、すでに老眼になっている場合は、その老眼を治すことはできません。


さらに、60歳以上で、すでに白内障が存在しているときには、
保険適応の白内障手術をして近視も治すこともできます。


角膜の厚さは、手術の適応性のポイントのひとつ

レーシックなどのレーザーによる視力矯正手術では、
角膜の厚さは重要なポイントのひとつです。
それは適応検査を受けることで、視力矯正手術に適応するか判明します。


角膜の厚さにゆとりがない人の場合は、
治療が受けられなかったり、治療後の裸眼視力
あまりよく上げられない場合もあります。


また、適応検査では、角膜の厚さ以外にも、
角膜形状解析、角膜曲率半径測定、角膜内皮細胞検査なども行われます。


レーシック手術を受けられない代表的な例を総まとめ!

■20歳未満の人。
視力の安定しない未成年者は手術できないため。
■角膜の厚さが不十分な人。
■不正乱視の方。(円錐角膜)
■眼科疾患がある人。(白内障、緑内障、ぶどう膜炎、網膜疾患など)
■重篤な疾患のある人。(糖尿病、膠原病、アトピー性疾患など)
■妊娠中あるいは授乳中の方。
■医師のインフォームド・コンセントを充分理解・納得できない人。




★手術後の視力はどうなるの?

視力矯正手術後、どの程度視力が回復するのかは最大の関心事ですよね。


実は、視力の使い道は個人差があります。
術前術後の視力、眼の状態、治癒速度、年齢、職業、ライフスタイルにより、
手術後の適正な視力を専門医と手術後の視力についてはよく検討することが大切です。


皆が手術後の裸眼視力が高くなればよい、
というわけではないのです。


手術後の自分の適正視力とは、人によって異なることを、
まず念頭においてください。



ですから、各専門病院が発表している結果数値を表面的に受け取り、
余計な期待をいだいたり、失望を味わうことのないように、
事前に医師とのガイダンスでよく話し合い、
納得して手術を受けるようにしてください。



まずは資料請求をしてみてください。





レーシックに関する詳しい知識などは
「視力回復方法・トレーニング法・レーシック知識」のサイトへ
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。